FGK-SYSTEMS 


戻る トップメニュー

.

システム開発の作業工程と作成される資料について

「どんな書類を作ってシステム開発やカイゼンをするのか」の質問が 多かったので整理してみた。 過去の大規模なプロジェクトをを調べ、実際に行われた作業と、 使用されたドキュメントを以下にまとめた。 (しかしUMLは、今、2020年だが、多くのSEのレベルで拒否反応がでる。 過去の開発でもUMLモデリングでの作業はできなかった。 よって、実績のないUMLモデリングは登場していない。)  

初期段階の資料作成

要求仕様作成作業
 ・作成者:エンドユーザー
 ・利用先:開発担当SEの基本設計(分析)と後工程
 ・内容:
  ・要求仕様 (Requirement)
   ・開発依頼するシステムの概要
   ・システム化の目的・背景・狙い
   ・開発依頼するシステム要件

提案依頼作成作業
 ・作成者:エンドユーザー
 ・利用先:ベンダー側SEの基本設計(分析)と後工程
 ・内容:
  ・提案依頼書(RFP ( Request For Proposal))
   ・開発依頼するシステムの概要
   ・システム化の目的・背景・狙い
   ・開発依頼するシステム要件
   ・エンドユーザーが必要とするハードウェアやソフトウェア
   ・エンドユーザーが必要とするサービス
   ・依頼事項、保証用件、契約事項など  

分析段階(基本設計段階)の資料作成

基本設計作業(分析作業)
 ・作成者:SE
 ・利用先:エンドユーザーに提示と設計工程のSE
 ・要件定義として分析段階レベルの下記資料作成:
  ・共通化仕様書
   ・画面の表示規則
   ・ボタン等の配置位置などの規則
   ・命名の規則
  ・業務フロー
   ・構造化された業務フローにする
    ・機能レベルまで詳細化(画面等の作業と処理)
    ・DFDではない(多くのユーザはデータの流れで仕事を考ずレビューに使えない)
   ・下記資料は多くののユーザを混乱させるので作成せずに業務フローだけにする
    ・ビジネスプロセスの関連図や表
    ・ビジネスプロセスフロー
  ・各機能の仕様書
   ・処理概要
   ・レイアウト図(画面やファイル)と操作方法
  ・機能一覧
   ・名(番号等)、簡単な説明
   ・進捗(分析状況、)
  ・システムの構成図
  ・ネットワーク構成図
  ・ER図
  ・テーブルとファイル一覧
   ・名(番号等)、簡単な説明
   ・進捗(分析状況、)
  ・非機能要件(性能、操作性、拡張性、保守性、移行性、セキュリティ、環境)  

設計段階の資料作成

設計作業
 ・作成者:SE
 ・利用先:レビューと実装者
 ・分析段階の資料へ設計情報を追記する:
  ・共通化仕様書
  ・非機能要件(性能、操作性、拡張性、保守性、移行性、セキュリティ、環境)
  ・システムの構成図
  ・ネットワーク構成図
  ・業務フロー
  ・各機能の仕様書
   ・処理概要
   ・レイアウト図(画面やファイル)
   ・処理詳細
   ・制約等(性能、操作性、)
  ・各機能の操作マニアル
  ・機能一覧
   ・名(番号等)、簡単な説明
   ・進捗(、設計状況、)
  ・ER図
  ・テーブルとファイル一覧
   ・名(番号等)、簡単な説明
   ・進捗(、設計状況、)
  ・各テーブルとファイルの仕様書
 ・設計工程で作成する資料
  ・各機能のテスト計画書
  ・開発体制
  ・開発スケジュール  

実装段階の資料作成

実装作業
 ・作成者:プログラマー
 ・利用先:レビューと本番移行後ユーザー
 ・設計段階の資料へ実装情報を追記する:
  ・テーブルとファイル一覧
   ・名(番号等)、簡単な説明
   ・進捗(、、実装状況、テスト状況、)
  ・機能一覧
   ・名(番号等)、簡単な説明
   ・進捗(、、実装状況、)
 ・実装工程で作成する資料
  ・各機能のテスト結果報告

.

戻る トップメニュー


2021-11 Copyright FGK-SYSTEM. All Rights Reserved.